把握できないことは面倒

posted in: blog | 0

面倒だな、と思うことについて。

やってしまえば大したことがないのに、やるまでが非常に面倒くさい、と感じるものがあります。
例えば夏休みの宿題とか、自分の部屋以外の掃除だとか。

大したことじゃないはずなのに面倒、と感じてしまうものはかかる時間や行程が頭の中で把握できてない、という共通点があるようです。
頭のよい子は夏休みの宿題を渡されてもどのくらいのペースで進めるか把握できててイメージが明確なので、考えている間に作業が終わるということを知っているのかもしれません。

自分のスペースなら15分手が空いた今のうちに、等が出来ても他の場所はどのくらい時間がかかるか予測がつかない。結果、大目に時間をとって作業をしてさらに「この作業は時間がかかるもの」と自分にインプットする。次にやるときは「大目に時間をとった」ことだけ覚えていてまた面倒臭さに拍車がかかる。

他の人がどうかは知らないけれど、私の「あとから考えると大したことじゃないのにやり始めるまでが面倒だった」ことは把握できていないことに起因しているかな、という感じ。
つまり、イメージできれば面倒と思うことが減らせるかもしれない。どのくらいの時間がかかってどのくらいすっきりするものか、この辺りを覚えておきたいものです。