【宝石の国】フォスの成長を美しい映像で綴る物語

posted in: anime, blog | 0


昨年末にはまっていたアニメの全話視聴を終えたのでこちらでも。
Hulu 楽しい。ヘビーユーザーです。

 

タイトルは宝石の国

遠い未来でぼくらは宝石となった。
そういった書き出しで始まる物語です。

宝石がひとの形をとりしゃべり、生きる。身体が砕けても破片を集めつなげればまた生活を始める。不死の身体を持つ彼らは彼ら自身を狙ってくる【月人】に抗い続けている。

書き出しだけでも詩的な美しさを持つ物語ですが主軸は主人公であるフォスフォフィライトの成長です。
 

成長を主軸とした物語

第一話で幼く、何もできず無為に時間を過ごしてきた彼にやっと役割が与えられるところから物語はスタートします。
「月人に攫われるのを待っている」といいながら月人に襲われたフォスフォフィライトを助けてくれるシンシャや、フォスから見て憧れであろうダイヤ族の悩み、海に生き月人に飼われている種族など。
物語は秋から始まり、春までを描きます。

生物の変わっていく姿の速さに怖いと呟くフォスにお前もだよ、と返す金剛先生とフォスの表情がとても切ない。
最終話は1話との対比がちりばめられていてこの短期間に変わり、変わらざるを得なかったフォスと、変わったことで一歩を踏み出したのだという印象を受ける描写に2期を期待します。

1話は紹介を含めた構成で少々冗長さを感じましたが、2話以降はとてもテンポよく話は進みます。
3話視聴終了時点で、まだ3話?と思ってしまったくらい。

徐々に変貌していく心も身体もこれ以外の選択肢はなかったのかしら、と思いつつ成長なのか変容なのか最終話では1話を懐かしく思うことでしょう。
 

3Dモデルを使用したきらめき

宝石の国では3Dアニメを採用しているとのことですが、宝石たちのきらめきが表現されていてすてきだなと思います。
そして月人との戦闘でもよく動く。
正直なところ私はあまりアクション系のアニメは見ていないので、動きの多さ少なさは判断できないのですが、見ていて楽しかったです。
モデルでいえば月人たちの同一個体がずらりと並ぶさまも得たいが知れなくて不気味さが際立ちます。

宝石の国はいいのでぜひ見てみよう

おすすめ、としか言えないのですがDVD、Blu-ray、漫画などの媒体がありますし、動画配信サイト(※Hulu全話配信中:2018/01/06現在)でも拝見できるのでぜひご覧ください。
公式サイトで確認できるイメージボードだけでもぜひ。

ちなみに漫画は最新刊は8巻。こちらも表紙自体にきらきらとした用紙を使っておりこだわりが見られて素敵なのでぜひ書店でご覧ください。
 

宝石の国関連リンクまとめ

公式サイト:http://land-of-the-lustrous.com/
Amazon各種リンク:

宝石の国 Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申し込み券付き) [Blu-ray]

宝石の国(8) (アフタヌーンコミックス)

 


次は魔法使いの嫁について語りたい。
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。