【宝石の国】5,6巻レビュー

posted in: anime, blog | 0

アニメ終了後、漫画収集へ

アニメの放映期間中に興味を持った作品は放映後に原作購入することにしています。
こちらも例にもれず。ということでのんびり購入しており6巻までたどり着いたところです。
アニメはおおよそ5巻まで。ただし5巻の一部は除いた構成だったんですね。

 
上手に構成をまとめたな、と5巻まで読んでアニメの構成の美しさやまとまりに驚きました。
また、原作自体とほぼほぼセリフ等の変更が見られず、テンポのよさ、ギャグのバランスなどは原作の持ち味だったんだな、とこちらも楽しい発見ですね。

 
5巻から登場するゴーストについてのエピソードを省略し、アニメはしめましたが漫画では当然話が続きます。
ますますフォスの心が心配になってくる6巻でした。

 

5巻。既存の宝石たちとゴーストらの登場

フォスは本当に伸び伸びと育っていたんだなと思うひとまき。
戦争、たたかう、それだけだったのが現実になって、皆にもそれぞれ暗澹としたものや理由を見つけて、
考えて選択することで秘密が増えていく。
幼かったころが懐かしい、と思えるほどの変貌に心は追いついていないのでは、と心配させられます。
先生、というゆるぎなかったはずの芯が信じられなくなったフォスはどこによりどころを持てばいいのか、と考えたときに候補に挙がるのはシンシャなのかな、と思います。
そして、シンシャの返答と選べなかったゴーストとの関係は。
5巻のラストではフォスの半身が月人により分断されて閉幕。

 

6巻。カンゴームとフォスの仲間と先生に迫るエピソード

フォスはいくつ失えば良いのだろうと思うのが6巻。
自分自身を責めずにいるのは難しすぎる経緯に仕方なくも、なぜこうなったとも思います。

 
6巻は前巻の続きとして分断され、さすがに動けなくなったフォスから始まります。
フォス自身は何とかなると思いきやうまくいかず、でまたも窮地に陥るわけです。
6巻はほかにも戦闘が何戦かあり重めのお話が中心となっている気がします。
そして戦闘を通じてフォスの甘さや、精神的疲弊、先生への疑心などがさらされていきます。
助けてくれる仲間はもちろんいて、守られることや共闘の良さなどもフォスの発言から見られますが
なぜか孤独は際立って感じてしまいます。
長い長い年月を生きることは悩み事を抱えながら生きるには長過ぎる、と感じる展開でした。

 
そして今回もきっちり次巻への引きを残して閉幕。
フォスはついに頭部を失ったのでした。
ここまでくるとフォスとはだれのことなのかを考えざるを得ません。
足を失い、手を失い、心は壊れていって変貌を見せ、そして頭部。

 
7巻を早く買いたいなと思いつつ購入した分は6巻までなので3月になってから7,8巻を購入予定です。
また購入したらレビューしたいですね。

 
最後までご覧いただきありがとうございました。
以下は、関連リンク集となります。
興味を持った方はまずはHuluの無料期間で見てみる、というのが一番とっかかりやすいかな?
もし面白いと思ったのであればをぜひ原作の購入をお勧めします。
 

宝石の国関連リンクまとめ

公式サイト:http://land-of-the-lustrous.com/
 
※2018/2/22 現在でhuluで全話配信中です。



Amazon各種リンク:

宝石の国 Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申し込み券付き) [Blu-ray]

宝石の国 コミック 1-8巻セット

新品価格
¥5,184から
(2018/2/22 12:32時点)